RStudioのpandocを使ってMS Word向けのreference.docxを出力すると悲しいことになる

RMarkdownからWordに出力する際にyamlフロントマターの word_document:reference_docx:で指定するファイルのデフォルトのリファレンスファイルを作成しようとしていたのですが、RStudioにインストールされているpandocを使用すると悲しいことになりました。

“RStudioのpandocを使ってMS Word向けのreference.docxを出力すると悲しいことになる” の続きを読む

TableauのログはUnicodeで出力されるのでRのコンソールで確認する

きっかけはTableauのログ(主にエラーの箇所)を調べる時に日本語のエラーメッセージがUnicode化されて表示されているのでちょっとすぐにはわからなくて困っていたことが始まりなのですが。

たまたまR(RStudio)のコンソールに入力することがあり、見てみたらUnicodeはそのまま日本語化されて表示されたので便利だなと思った次第です。

“TableauのログはUnicodeで出力されるのでRのコンソールで確認する” の続きを読む

RでCSVファイルの入出力(CP932文字コード指定など)

RでCSVファイルの入出力のパターンを備忘録として。

Shift-JIS(CP932)で保存しないと文字化けでエクセルで正しく表示されない歯がゆさ。
RStudioの文字コードの設定はこちらの記事をご参照いただくとして、ファイルの入出力の話です。文字コードをRでCP932に変換するというより、ファイルの文字コードを指定して読み込みます。

“RでCSVファイルの入出力(CP932文字コード指定など)” の続きを読む

Rで文字をUnicodeに変えるときはstringiパッケージ

たまに忘れるので備忘録として書いておきます。

Rでパッケージを作るときには日本語(マルチバイト)が使えないので、「プロパティファイルを作って読み込ませたい」みたいなニーズがあるとUnicode変換して持っておく必要があります。

“Rで文字をUnicodeに変えるときはstringiパッケージ” の続きを読む