Rで文字をUnicodeに変えるときはstringiパッケージ

たまに忘れるので備忘録として書いておきます。

Rでパッケージを作るときには日本語(マルチバイト)が使えないので、「プロパティファイルを作って読み込ませたい」みたいなニーズがあるとUnicode変換して持っておく必要があります。

“Rで文字をUnicodeに変えるときはstringiパッケージ” の続きを読む