知れば知るほど何もできなくなる話

Pocket

親戚のWebサイトをちょっと作ってみることになり、ほぼWYSIWYGでできるwix.comを使ってみることに。そしてそれから妻のWebサイトを作ろうとしたら大変なことに。

実は妻も新しくインバウンド向けのビジネスを始めるというので英語のWebサイトを作らないとね。という話をしていたのだが、年末に親戚のところに行った際に自分の店舗のWebサイトのようなものがあるけれども、新しく作りたい、という話をしていた。ただし、Webサイト作ると言っても大それた予算をかけられないだろうし、ITもめちゃくちゃ詳しいわけではなさそうだし、何より作った後の運用がきっと大変だろうから、今時のHTMLとCSSとJavaScriptで頑張る!ってのはやめて、WIXを使うことにした。WIXの広告は出るが、無料でかなりのところまで十分使えるというところが大きいかもしれない。

同期も使っていたWIX

以前、会社の同期と飲んだ時にWebサイトの話になって、「自分も知人のWebサイト作ったぜ!」って言っていて、どこまで労力をかけたのだろうかと興味深く聞いていたら、彼もWIXを使って某B2C向けのサイトを作ったという話だった。その時キーワードのヒントをもらってすぐにその場で調べてみるとちゃんとGoogleの検索結果で確認ができた。SEOはどうするのか?と尋ねたら、そこまで大々的にやるつもりはなく、とりあえず作って欲しいというので作ったとのこと。

そんなことも思い出しながら4ページくらいの構成でサイトをとりあえず作ってみた。WIXはサブドメイン形式でURLが作られるので、これはSEOとしてどのように影響があるのだろうかとちょっと疑問に思った。

WIXのSEO

サブディレクトリタイプのサイト作成サービスはSEOとしてはあまり良くないと言われていて、例えばアメーバブログやライブドアブログといった無料のレンタルブログはhttp://sample.com/userpageといった形担っていて、そのドメイン(sample.com)内でのコンテンツ競争が起こり、同じカテゴリで検索結果に出てくることがなくなってしまうということを聞いたので、独自ドメインが望ましいと言われているが、独自ドメインとはいえ、サブドメインはどうなのだろうか。

そもそもWIXの作成したWebサイト自体にタイトルやタグ、説明(discription)、を設定することはできるが、ウェブマスターツールを使って登録することはできなさそうなので、と書きながら本当か?と思ってFAQから調べてみたら、何も書いてないじゃないか!!どういうことだ??

無知の知?

ということでWIXにGoogleのSEOを期待するのがちょっと難しそうなので悩ましかった。何も知らなければ「WIXでただでホームページ作れるしラッキーじゃん、早速つくろ!」ってなって終わるだけだし、もしくは「全然Googleの検索結果に上がってこないじゃないか!もうやめる!!!」みたいな感じでネガティブな感情を抱えたままそれで忘れることができるので、ある意味知らぬが仏のような状態で終われるから幸せだろう。しかし、それなりにインターネットを始めITの世界で生きている以上、知らないでは済まされない部分もあるし、何より気になるじゃないか。
知れば知るほど課題に対するアプローチがたくさん出てくる。何が最適なのかは求める人の要求の優先順位によって変わってくるとは言えるが、どこまで要求を整理して真面目にやるのか?という話になってくる。

仕事と趣味との線引き

ちょっとしたボランティアのお手伝いをしてみたら気付いたら仕事してたみたいな話はたくさんあると思うが、それと似たような話になりかねない。どこで線引きをするのかというところはあらかじめ考えておいたほうが良いと作りながら感じた。
幸い親戚は年も近いし、割と気軽に話ができるのでああしたほうが良い、こうしたほうが良いとアドバイスしながら運用も込みでできそうな気がするしとりあえずやってみて様子みながら改善するということができそうなのでいったんはこれで終わりかな、というところである。

妻のビジネスの話

問題なのがこっちの話で、真面目にWebサイトを作るつもりで話をしながらやっていくと3倍以上時間がかかってしまった。過去形というか、現在進行形なのだが、まずドメインの名前が決まらないし、メールアドレスはどうするとか、運用を考えると非常に考えていくのが面倒なことになってきた。WordPressを使うとかConcrete5を使うほうが便利なんじゃないのかとかSEOはどうするとかInstagramを使いたいとかTumblrつかう?みたいな話とか。「いくらかかるの?」と聞かれても「条件やアクセス数による」としか返せない自分がいたりでややストレスを感じつつ、HPのようなものをまずは作ることに。

知れば知るほどできないことはないがそれをすぐにはできないという状況になり、設計って大事だよなぁと思いながら、でもこれ完全に趣味じゃなくてアルバイトだよなぁと感じつつ作業をしているのであった。