リコーイメージングスクエア新宿でK-1を触ってきた

Pocket

新宿に行く用事があったのでそのついでにPENTAX K−1を触ってきた。

以前CP+でチラ見してきただけのK-1だが、そのうち触る機会はあるだろうと思っていた機会がやってきたのでちょっとだけ触ってきた。

実はK-01しか持っていない自分としてはファインダーがあるカメラを使った事がないので使い勝手がよくわからなかったりする。もちろんフルフレームの一眼レフカメラもメインで使った事がないし、重いという話は聞いていてもどの程度重いのか、というもの実感としては沸かなかった。ということで、まずはどのくらいの重さなのか、というのを確かめに展示品を触りに行った。

閉店ギリギリだったので、滑り込みセーフだったのだが、別なお客さんがスタッフと話をしていたので代わりに別の展示品を触っていたりした。意外ととK-S2も良いかもしれない、とか、50ミリのマクロもありかもしれない、などと思ってしばらく時間を潰して実際に触ってみた。

重量はボディのみで925gと公称しているのでレンズをつければ必ず1kgを超えてしまう。たまたまなのか、つけてあったレンズは HD PENTAX-D FA24-70mm F2.8ED SDM WR だったのでなおさら重くなっている。片手で持ち続けているとやはり辛くなってくる。筋トレが望まれるのだろうか。

ひとまずは大体こんなもん、という感触だけ得られたので良しとして、所有する際の条件、や必要なことなどをもう少し具体的に検討していく必要がありそうだと感じた(どうせすぐには買えなそうなので)。