2016年のご挨拶と人間が変わる3つの方法

Pocket

あけましておめでとうございます。

2016年という年が始まり心機一転に頑張る、というのはいつものダメなパターン。
昨年もfbで新年の挨拶と共に貼っていた引用から。

人間が変わる方法は3つしかない

  1. 時間の使い方を変える
  2. 住む場所を変える
  3. 付き合う人間を変える

この3つの要素でしか人間は変わらない
もっとも無意味なのは『決意を新たにする』ことだ

これを初めて見つけたのはTumblrからで、大前健一氏の発言なのだが、なるほどと思わされることはあっても実際に自分がこれをどこまで実践したのだろうかと振り返ってみるとあまりできていないことに気づく。特に「変える」という自分から能動的に行動をすることが重要で、これまで「変わる」ことはあっても「変える」ということに意識してきたことはなかった。

ということで2016年度、上記の項目を今の自分の状況に当てはめてみたらどうなるのだろうか。

  1. 時間の使い方を変える
    1. 働く時間は変えることはできなそうだけれども、朝型にシフトしたり、休日の過ごし方を変えることで実現できそう。最近は体がたるんできたこともあってランニングを始めたので生活習慣を変える仕組みを作っていくということが考えられそう。少なくとも、我が家のすぐやる課に配属される必要がある。
  2. 住む場所を変える
    1. まだ引っ越して1年程度であるため、新しい場所に住むことはしない。前に住んでいた新宿区はあまり周り散策することがなかったものの、これまで朧げだった新宿周辺の地形がまとまったという効果があったように思える。新宿駅から歩いて帰るにはちょっと遠いがそれでも歩いて帰ったりしたこともあり、住む場所が変わったことで自分が変わることはあったと思う。今住んでいる周辺をこれから開拓していくことでより自分が変わっていくのではないだろうか。
  3. 付き合う人間を変える
    1. これは変わる要素が大きいと思う。これまでお会いした方々との関係を反故にするわけではなく、これから会う人を意識していくことで変えることができる。新しい出会いがあるかもしれないという期待を込めてブログを書くことも一つの目標にしたい。

仕組みづくりが大切と言っておきながら自分の仕組みをこれまで作ってこなかったこともあり、2016年はより効率的で効果的な身の回りの仕組みができるように尽力したい。