Apple WatchでモバイルSuicaを使ってみた

Pocket

Apple WatchにモバイルSuicaの設定がようやくできたので使い始めたのですが、左手につけているとちょっと使いづらいかもしれません。

Apple Watchは普段左腕につけているので、JRなど駅の改札は右側にセンサーがあります。なので、改札を通るときには左腕を右側にクロスして乗らなければなりません。これが実はちょっと面倒です。

腕につけているのでApple WatchのSuicaのチップと改札のリーダーの距離があり、やや長いので少しかがむ必要があります。これが改札を通る時間を遅くしていたりもします。右腕につけると良いのでしょうか。

右腕につけたらつけたでLAWSONのレジで決済するのが面倒になります。もちろん使用頻度はJRなど電車に乗ることが圧倒的に多いですし、改札でモタモタしていたら後ろの人に舌打ちされかねません。

Apple Watchを買う前まで時計は随分とつけていなかったので左腕につけていてようやく慣れてきたところに左腕から右腕に切り替えるのはちょっと大変なのでは?と思ってしまいますが右腕につけてしばらく運用してみようかと思います。

ちなみにApple Watchの装着方法は手首(左右で2)x竜頭の位置(左右で2)4通りあります。

竜頭(デジタルクラウン)が外向きになっているのが嫌なので、内向きで使っています。

きっと3日くらいで左に戻してそうですが…